週刊新潮秋篠宮家を愚弄

「御代替わり」20の謎
(1)「早く天皇をやりたい」という「秋篠宮の乱」
(2)宮内庁の助言を拒んだ「佳子さま」炎上
(3)「小室圭さん」奨学金1300万円の行方
(4)「眞子さま」海の王子と「西海岸密会」
(5)どうなる「新天皇」の「登山」「お酒」
(6)「雅子新皇后」に重圧「習近平」「プーチン」
(7)「美智子皇后」が御退位後に行きたい場所
(8)御所のお引越しが進まない「サーヤ」の私物
(9)「上皇」の仮住まいを見下ろす「住友マンション」
(10)相続税は免除「三種の神器」の贈与税問題
(11)「大嘗祭」宮中祭祀の秘儀とは?
(12)「恩赦」にざわつき始めた塀の中の面々
(13)兜町が狙う「令和銘柄」
(14)改元に便乗の「商標登録」一覧
(15)「令和の芸能シーン」をリードする女優
(16)「令和元年」パーフェクトを狙うあの投手
(17)サッカー日本代表「令和の10番」
(18)指名殺到という風俗店の「れいわちゃん」
(19)「南海トラフ」で「令和元年大震災」が起こる!?
(20)急務という「悠仁さま」帝王学を授ける家庭教師



馬之助の感想

(1)「早く天皇をやりたい」という「秋篠宮の乱」

”兄が80歳の時、私は70代半ばでそれからは出来ない”
”天皇を継ぐことになれば出来るだけ早くやりたい!”
”自分は短くていい。そのあとは早く悠仁に継がせたい”By秋篠宮殿下

つまり、今回の生前退位一代限りではなく恒久化したいご意向

秋篠宮殿下が述べられたことに対し、

殿下のおっしゃりようははまるで新天皇となられる兄宮に対し、皇位を譲ってほしいとせかしているようだと新潮は書いている。

天皇陛下皇太子秋篠宮殿下

24日、皇居・御所で、天皇陛下と皇位の継承に連なる皇太子さま、秋篠宮さまによる「三者会談」が行われ、これは2012年春ごろに皇后さまの発案で始まったもの。

そのときに天皇陛下が生前退位のご意向であることが伝えられていたし、天皇⇒皇太子⇒悠仁さまの順番で・・と話し合われたということだから、秋篠宮殿下が早く天皇になりたいとか、悠仁さまを早く天皇にしたいと思ってられるのではないのよ。

平成最後の三者会談、頂上会談ともいわれていたけど、あたしは天皇、皇太子、秋篠宮殿下が、何を話し合われても、決定権利はないのよね・・。

今回、生前退位が現実となったのは、安倍首相が陛下のお気持ち、希望を聞き言入れて、憲法違反にならないように、一代限りということで実現しただけよ。

天皇陛下は希望されたことだけど、天皇陛下が決められたことではないのよ。天皇は終身と皇室典範で決められていて、陛下に皇室典範を変更させることはできないのよ。

この三者会談はキリスト教の大学で学んだ美智子皇后の発案だそうだけど、バイニング夫人の教育を受けた陛下、皇太子、秋篠宮殿下の三人で会議をして、希望を言い合っても、決定権はないのよ。

戦後、天皇陛下は日本の象徴であって、権利を有してられないのよ。

お三方で集まり、今後のことなど話されたと思うけど、今、優先すべきは小室圭問題の解決でしょ。平成の世で解決できないのであれば、令和の初めに破談にする方法を相談してほしい。

小室圭と眞子さまの破談は総理大臣がすることではないわ。秋篠宮殿下が陛下と皇太子の応援を得て眞子さまを説得し、破談にするしかないのよ。

さっさとしないと、ずっと、週刊誌にボロクソ、書き続けられるわよ。

(2)宮内庁の助言を拒んだ「佳子さま」炎上

佳子さまは大学卒業に際し、眞子さまの結婚については

「姉の一個人としての希望の叶う形になってほしい」

メディアに対しては

「情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切」

と苦言を呈されて、物議をかもしたけど、宮内庁の担当職員が佳子さまに「一個人」という表現と共に、あからさまなメディア批判の修正を願い出ていたそうよ。しかし、

「父もしていることなのになぜいけないのですか」と元の文面で押し通してしまい、その結果、秋篠宮批判がさらに強くなっちゃった~のよね。

天皇は戦後、権利をもたない日本の象徴となられたけど、次々、平民が嫁に入り、自由と権利の主張が幅を利かせるようになったのね~

(3)「小室圭さん」奨学金1300万円の行方

学生時代は母親の元婚約者の資金で通い、UCLAへの短期留学までして、今回は眞子さまの婚約者であることを利用し、学費を免除してもらい、生活費は在籍する法律事務所に出してもらい、他人の金で凌いでいく術がすっかり板についたと週刊新潮。

これについては同意見。万引き家族ならぬ、他人の金で凌いでいく母子ね~。

2年目も奨学金をもらえることになったと、電話してきたと奥野法律事務所は取材に対し、話したそうだけど、現在の代理人弁護士は奨学金はまだ決まってない、事実と違うことを言われて困惑しているというし、話が食い違って困ったことよね~

奥野法律事務所の所長さんはお年寄りだから、これはここだけの話ですが、と小室圭は言って電話をかけてきたことを忘れて、マスコミにしゃべっちゃったのよね~きっと。日本では、また皇室利用だと批判が増えて、ホント、困惑するわよね~。
でも、口の軽くなったご高齢の弁護士だから赤子の手をひねるように金を援助させることに成功したんだから、仕方ないわよね~小室ちゃん~

3年間の金の準備は出来て、司法試験合格も、名前を書けば合格の手はずができたから渡米したんでしょ~。どこまでズルいのか。。。

(4)「眞子さま」海の王子と「西海岸密会」

今も毎日のように連絡を取り合っていると新潮はかいているけどなんでわかるの?Lineがもれている?

今年7月ペルーとボリビア訪問の帰国途上、給油その他のために立ち寄ったところでの宿泊は自由にすごせるらしく、しかも、その頃、小室圭の大学は休暇中なので会うのでは?と心配されているのよね~。

7月に「令和事変」が起こるかもって、子供が出来てしまったら取り返しがつかないわよ。なんとして会わせないように監視しなくては。

(5)どうなる「新天皇」の「登山」「お酒」

皇太子が天皇になったら、忙しくなるので、恒例の春スキーは出来なくなり、今年が最後になりそうらしい。国事行事についての閣議決定の書類への「署名捺印に忙しくなるそうな。

しかしそうなったら、雅子さまと愛子さま、お二人でスキーに行くんじゃない?新天皇が忙しくても雅子さまにとっては関係ないことでしょ。

皇太子は登山も御用邸近く以外は警備の問題があり、難しくなる。お酒がお好きだそうだけど、それは飲むんじゃない?お酒ぐらい、浴びるように飲ませて差し上げましょうよ。

皇太子が結婚前、モロッコ・英国訪問の随行員をお酒に誘い、ウイスキーを飲みながら訪問中の思い出話をしたという、最近は東宮上げなので、皇太子の性格のちょっといい話も掲載。

(6)「雅子新皇后」に重圧「習近平」「プーチン」

雅子皇后が最初の直面するのがトランプ大統領へのおもてなし。来日すると宮中晩さん会。最近は出席されているが、秋には即位関係の行事が目白押しで雅子皇后のご体調が気になるところ。トランプ大統領には会って中国の習近平に会わないと中国系市ではない子中国メディアから批判される。ロシアのプーチンも来るし、出席しなきゃというプレッシャーが心理的負担にならなければいいが・・。と書いているけど、白人優先、アジアやアフリカは後回しは今に始まったことではないので、日本人は驚かないけど、中国は腹を立てるかも?

いいじゃん、怒らせておいたら。病気だからって言ったらいいのよ。

(7)「美智子皇后」が御退位後に行きたい場所

・東京大空襲の犠牲者が眠る両国の東京と慰霊堂
毎年春は秋篠宮殿下と紀子さま、秋は眞子さまが担当している慰霊祭。久々に訪ねたいですって。じゃあ、それは慰霊祭以外の日にしなくっちゃね。いったい何のために大騒ぎして退位したのか、わからなくなるからね。

・江戸東京博物館

・画家の堀文子さんの追悼展

引退してもまだまだ皇后のおでましは続く~~~

(8)御所のお引越しが進まない「サーヤ」の私物

・引越しの荷物の整理が進んでいないのでは、と思ったら想像通り、全く進んでいないんだそうよ。

海外の王室からの贈り物、勲章などは取り扱い注意でたいへ~ん。献上品も多い以外に、黒田清子さんのお品がたくさんあるんだそうよ。

洋服、鳥類の件関係書籍、趣味のバードウオッチングの道具、日本舞踊できた和服など、様々な荷物が残っていて3月31日、黒田家を訪問して夕食をともにされてその時、荷物の整理の手伝いを頼まれたそうよ。

でも、清子さん宅にわざわざ行かなくても、電話で済むんだけど。片づけに来てって。

(9)「上皇」の仮住まいを見下ろす「住友マンション」

両陛下が次に住まわれる高輪皇族邸に隣接する高級マンション「クラッシィハウス高輪」の最上階から庭が見えるそうな。「クラッシィハウス高輪」は2007年建築らしいけど、資産価値が上がったに違いないわ。あたしがもし、この高級マンションの最上階に住んでいたら、間違いなく双眼鏡を買いに行くわ。

(20)急務という「悠仁さま」帝王学を授ける家庭教師

悠仁さまには個人的に親しくしているご学友は見当たらず、帰宅したた職員とゲームして、負けたら途端に機嫌が悪くなるという、以前も書かれていた意地悪な内容がまた書いている~

悠仁さまには教育係もいない。

過去を遡れば、小泉信三氏はいいけれど陛下にバイニング夫人が家庭教師をし、いいことなんか、何もなかったと思うのよ。年長の旧皇族や元駐在大使を家庭教師にして、欧州の王族など内外の上流社会との交流を図ったり、クイーンズイングリッシュやふらんすごを学ばれたら?と週刊新潮。

加えて週に一度は新天皇とお食事をして行幸や海外公務に同行すべきとも。

週に一度、新天皇とお食事を共にしていたら、早くからお酒をおぼえて、酒豪になるかもよ。

(11)「大嘗祭」宮中祭祀の秘儀とは?

秘儀とかくと、スケベ―なことを想像してしまうのは、いけないことだと、自分を叱っているところよ。御殿の中で新天皇と二人の釆女(うねめ)のみだからって、真面目に神に祈りをささげてられると思うわよ。

秘儀について詳しくお知りになりたい方は本屋さんで週刊新潮をお買い求めになってね★
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク