田植えをする新天皇陛下

天皇陛下は20日午後、皇居内の生物学研究所脇にある水田で、即位後初となる田植えをされた。昭和天皇が始めた皇居での稲作は、上皇さまを経て陛下へと引き継がれた。

陛下は水色の長袖シャツにグレーのズボン姿。黒い長靴で水田に入ると、苗が風で倒れないよう念入りに植えていった。陛下が今回植えたもち米のマンゲツモチとうるち米のニホンマサリの苗は、上皇さまが退位前の4月にまいた種もみを栽培したもの。陛下は今後上皇さまと同様に、種もみまきから田植え、刈り取りまでの作業を毎年続けていくという。




上皇陛下が4月に種もみされたものを今回、新天皇が田植えなさったのね。

天皇陛下(現上皇陛下)最後の種もみまき

陛下の田植えは昭和天皇が始められて、案外歴史は浅いのね。養蚕も代々皇后に伝わるというので、2000年くらい続いているのかと思ったら、明治天皇のお妃、昭憲皇太后が長らく途絶えていた養蚕を再開されたということだから、こちらは明治時代から。

天皇家の歴史から考えたら日は浅いけど、日本アカデミー賞も始まったころはあまり権威がなかったけど、最近は出来レースとはいえ、重みが出てきたので、例えが適当じゃないけど、田植えも養蚕も、続けていけば、重みを増していくと思うわ。

新天皇、これから先、お田植えは10回くらいなさって、生前退位されて、あとはゆっくりお過ごしなって。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク