2019年信子さま県赤十字大会福島

日本赤十字社(日赤)福島県支部創立130周年を記念した10年に1度の県赤十字大会が18日、福島市で開かれた。日赤名誉副総裁を務める寛仁親王妃信子さまが出席し、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災者に寄り添う本県の赤十字活動関係者に感謝の言葉を述べられた。

日頃、赤十字の活動に関わる約1500人が人間の命と健康、尊厳を守る赤十字精神を新たな時代へつなぐ決意を新たにした。

日赤県支部は1889(明治22)年6月に「福島県委員部」として設立され、今年130周年を迎えた。式典で信子さまは「赤十字ボランティアの協力を得ながら、仮設住宅入居者への健康教室など、県民の心に寄り添う活動を現在も継続していることを心強く思う」とした上で、「赤十字に寄せられる期待はますます高くなる。より一層充実した活動を進められることを願うとともに、その精神が多くの人に理解され、輪が広がることを祈る」と述べられた。

日赤県支部長の内堀雅雄知事が「明治21(1888)年に磐梯山が噴火した。日赤は初めて災害救護活動に従事し、翌年には福島県委員部が発足した。130周年の歴史を踏まえ、新たな時代に対応した赤十字事業の伸展に努める」と式辞を述べ、大塚義治日赤社長が「福島県は日赤の歩みと深い関わりがある。関係者の長きにわたる熱意、努力に敬意を表する」とあいさつした。

赤十字事業の伸展に功績のあった人への表彰が行われ、信子さまが福島市の今野金裕さんらに有功章を手渡した。内堀知事と大塚社長は感謝状贈呈を行い、社長感謝状と厚生労働大臣感謝状を受けた佐藤勝三さん(福島市)らに手渡した。



馬之助の感想

お元気になられて誠実な公務をこなされていていい感じね~。
信子さまの総裁職は

・日本ばら会名誉総裁
・日本赤十字社名誉副総裁 だけ。

久子さまの総裁職は大量。

・いけばなインターナショナル 名誉総裁
・全日本軟式野球連盟 名誉総裁
・全日本アーチェリー連盟 名誉総裁
・日本フェンシング協会 名誉総裁
・日本水難救済会 名誉総裁
・日本ホッケー協会 名誉総裁
・日本サッカー協会 名誉総裁
・日本スペイン協会 名誉総裁
・地域伝統芸能活用センター 名誉総裁
・稲盛財団 名誉総裁
・日本セーリング連盟 名誉総裁
・日本スカッシュ協会 名誉総裁
・日本海洋少年団連盟 名誉総裁
・日本学生協会基金 名誉総裁
・日本アジア協会 名誉総裁
・フランス語婦人会 名誉総裁
・日本・エジプト協会 名誉総裁
・日加協会 名誉総裁
・バードライフ・インターナショナル 名誉総裁
・国際弓道連盟 名誉総裁
・高円宮記念日韓交流基金 名誉総裁
・仁和会 名誉総裁
・中宮寺奉賛会 名誉総裁
・日本赤十字社 名誉副総裁
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/名誉総裁

信子さまのご主人であった三笠宮家の故寛仁親王と久子さまのご主人のであった故高円宮殿下とは兄弟だけど、嫁の性格は全く違うような気がするわね。

久子さまが、島根の出雲大社に嫁入りした次女千家典子さんを「世界らん展」の名誉顧問にしたりと、ものすごいパワーがあるのと対照的で、信子さまは、なにか諦念の境地に達しているような感じに見える・・。

福島の第1原発は今もまだ収束していないけど、信子さまに来県してもらえてうれしかったと思うわよ。この信子さまの赤十字大会福島のニュースも報道ナシか?と思ったら、ちゃんと全国版で報道されてよかったわ~。
【追加】
★寛仁親王妃信子さまが福島市の病院を訪問 リハビリを続ける患者に励ましのお言葉

信子さま福島赤十字病院視察

福島赤十字病院を訪問されたのは寛仁親王妃信子さま。
信子さまは日本赤十字社の名誉副総裁で、18日に開かれた福島県赤十字大会に出席された。それにあわせて19日は今年1月に移転した新たな病棟を視察し、リハビリに励む患者ひとり一人に声を掛けられた。信子さまの県内のご訪問は去年に続き9回目となる。福島テレビ

信子さま福島赤十字病院視察リハビリ患者を励ます
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000004-ftv-l07

紀子さまや雅子さまが上から見下ろすようになさったらきっとそれも批判されるだろうけど、信子さまなら皇族らしい立ち振る舞いと書いてもらえるのよね。

Yhooコメントでは激賞されていたけど、眞子さまも公務に関してはちゃんとやっているし、紀子さまは言うに及ばず。信子さまは皇室内のランクが低いのでそれほど話題にならず、批判されることはほとんどなく、気持ち的に楽でしょうね。

ともかく福島ご訪問、お疲れさまでした~
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク