福井国体で福井県をご訪問された
三笠宮信子さま、瑤子さまの
10月7日のご予定は以下の通り。

▽故寛仁親王の次女瑶子さま

【午前】ホテルアーバンポート(小浜市)→高浜町郷土資料館視察
→ホテルうみんぴあ(おおい町)で昼食会

【午後】おおい町総合運動公園野球場で軟式野球観戦→JR米原駅→JR東京駅→三笠宮東邸

▽寛仁親王妃信子さま

【午前】ユアーズホテルフクイ(福井市)ご出発

→鯖江市総合体育館でなぎなた観戦

【午後】鯖江市役所で昼食会→県立武道館(福井市)で柔道観戦→稲山織物(大野市)視察
→勝山ニューホテル(勝山市)で宿泊



馬之助の感想

瑤子さまは軟式野球をご観戦、
信子さまはなぎなたをご観戦。

信子さまや瑤子さまはそれほどマスコミが
取り上げないので
選手の人たちがお二人を知っているかどうか
わからないけど
皇族が観戦してくれたら名誉よ。

もっと時間がたってから
皇族が観戦してくれた中で
試合が出来たことを名誉に思う日が来るわよ。

瑤子さまは高浜町郷土資料館を視察され
信子さまは稲山織物をご視察。

皇族が来てくれるってやっぱり絶大な
ことなんだろうなあと思うわあ。

信子さまは6日に
県立図書館白川文字学の室をご視察。

福井国体信子さま
福井市の県立図書館も視察された。白川文字学の室(へや)では同市出身の文化勲章受章者、故白川静さんが生涯をかけ漢字の成り立ちを解き明かした情熱や研究の足跡について、西川一誠知事らから説明を受けた。県教育委員会の担当者が、小学校の授業で白川文字学が取り入れられていることを紹介し「福井の子どもたちは白川先生のことが大好きです」と説明すると、信子さまは「とても身近なのですね」と感心された様子だった。

信子さまは
6日にアーチェリーを観戦されて
競技に造詣が深く

「弓はかつてアルミニウムでしたが、
今はカーボンですね」

と、道具の進化も
よくご存じだったそうよ。

6日の瑤子さまは、

嶺南に足を運ばれた瑶子さまは、敦賀市で空手道、小浜市で重量挙げを視察した後、県立若狭歴史博物館(小浜市)を訪問。この日始まった企画展「うきたつ人々 幕末若狭の祭礼・風俗・世相」などを見学された。

案内役を務めた垣東敏博館長によると、幕末の女性が使ったかつらや髪飾りに興味を持たれたという。展示全体を通じては、若狭地方が京の都とつながりが深く、豊かな地域だったという説明にも関心を示された。

信子さまも瑤子さまもしっかり公務をされている。
目立たないけど。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ