ノルウェーホーコン皇太子とマーリット皇太子妃と連れ子のマリウス

かつて、一般人であった
ノルウェー皇太子妃殿下マーリット。

ホーコン皇太子との結婚前には、
別の男性との間にひとりの子どもを身ごもっていた。
その息子マリウス・ボルグ・ホイビーには
王位継承権はないが、
公式な王室のイベントには
姿を現すこともかつてあった。
幼かった連れ子マリウスも現在21歳。

「王室の交際相手としてふさわしくない」
女性と交際しているとかで
今ノルウェー批判する報道が出ている。

どこの国も平民が入ってきたら
こうなるの~?




ノルウェーホーコン皇太子と
かつて麻薬に手を染めたことがある平民
マーリットの結婚式当時
かわいい幼子だったマリウス・ボルグ・ホイビーは
21歳となり、こんな外見。

ノルウェー王太子妃の連れ子

顔だけ拡大したらこんな感じ。

ノルウェー王太子妃の連れ子マリウス

元々額が広いのか
禿げ上がってきたのかは不明。

マリウスは先月末に
ある女性とのキスショットを
インスタグラムにアップ!

ノルウェー王太子妃の連れ子、一般人と交際で物議!

新聞「エクスプレス」によると
この女性はジュリアン・スネッケスタという
一般人の女性。

同紙によるとジュリアンは
ノルウェー出身で現在は
ロンドンを拠点にモデルとして活躍中。
マリウスも彼女と一緒に
ロンドンに住んでいるという。

ノルウェー王太子妃の連れ子の恋太

なかなかの美人で問題ないのでは?と
思ったら、

ノルウェー王太子妃の連れ子の彼女

ジュリアンが2017年に雑誌『プレイボーイ』で
トップレスを披露したことをマスコミが発掘! 
これが報じられると国民からは批判の声が。
彼女が今もSNSに度々
セクシーな写真を投稿していることを指摘、
「王室の交際相手としてふさわしくない」
と批判する報道まで出てきている。 

馬之助

ノルウェーの国民は良識的ね。


ついにノルウェー王室が
声明を発表するという事態に発展している。

王室は

「我々はジュリアンがとても勤勉な女性であり、
このような報道には
ふさわしくないということを知っている」

馬之助

確かにこれだけのボディーを維持するのは
勤勉でなきゃ無理よね。


「マリウス・ホイビーはこれまでも
私生活をマスコミに報じられるのは望まないと
ことあるごとに表明している。
この望みをノルウェーのマスコミが大部分の場合、
尊重してくれていることに感謝している」
とコメントしている。

マリウスはメッテ=マリット王太子妃が
現在の夫である
ノルウェー王太子ホーコンと出会う前に
出産した息子。

王室の養子になっているけれど、
王位継承権はなく王子でもない。

馬之助

王位継承権はなく王子でなくても
これだけ豊かに勝手気ままに
暮らせるってことね。


また20歳のときにノルウェー王室の公務には
参加しないことを決断、
公式の場所には出席していない。

そのため王室は
「この報道はプライバシーの侵害」
だとマスコミを批判。

母のメッテ=マリット王太子妃も

「マリウスは私たちの家族にとって
大切な人物です。
でも彼は公の義務を負っていないので
公人とは言えません」
と声明を発表、
報道を控えるように促している。

馬之助

それは無理でしょ。
皇太子妃の連れ子という立場なんだから。
父親に引き取られていたなら
公人ではないだろうけど
働きもせず、税金で暮らし、
優遇されている時点で
報道を控えろとは言えなくなるのよ。
それが嫌なら、
息子を置いてきて結婚するか、
息子と暮らしたいなら皇太子と結婚しないか、
どちらかしかなかったと思うわよ。


とはいえノルウェーでは
王制の廃止に関する議論が出てきたり、
王室が税金を使うことに
批判的な意見が上がったりすることも。

ロイヤルファミリーに厳しい目が向けられる中、
マリウスの交際にも注目が集まっている。
物議に負けず愛を貫けるのか、
2人の愛の行方に注目したい。
text: Yoko Nagasaka

馬之助の感想

なんだか日本の皇室にも
通じるようなニュースだわ。

ノルウェー王室は
国のお金で生活しているため、
税金の使い道に市民やマスコミから
厳しい監視の目が光るところも似ている。

皇太子妃自身は
麻薬にも手を染めたことがあり
国民に泣いて謝って
ロイヤルファミリーの一員に
なったらしいけど
やはり出自の悪さは連れ子で如実に表れ
息子への報道を控えてほしいと
マスコミに手紙を書いたこともあったらしいのよ。

これまでマリウスは、
公の場で定義することが
難しい立場に立ってきました。

私たちが結婚した時の、普通とは言い難い
人生の選択のシンボルとなってしまいました。

同時に、妹や弟のように、
公的な義務はありません。

マリウスは公人ではないのです。
マリウスが幼かった頃から、
記者たちは私たちの家の外に
張り付いていました。

ここ数年間、マリウスは
ノルウェーのメディアからの
圧力にさらされてきました。

マリウスはこのような人生を望んではいません。
母親の責任として、一部のノルウェーのメディアに、
私はお願いをすることを選びました。

マリウスが望んではいない注目を浴びせることを、
やめてください。

それが原因で、
マリウスは留学することを決めたのです。
明日、海外へと旅立つ息子を私は誇りに思います。
原文はこちら

それでイギリスに留学して
彼女が出来て
インスタに投稿しているってわけよ。

留学費用だって結局は税金だろうから
マスコミに追いかけられても仕方ないのよ。

国民の金を使ってエラそうにして
許されているのはNHKだけよ!

マスコミが追いかけるってことは
マスコミがネタにしたら
週刊誌が売れるような素行だって
ことなのよ。

麻薬に手を染めるような女性は
泣いて謝っても
やはり、この結婚は
やめておくべきだったわね。

もし小室圭佳代親子が
今まで散々借りた金を返さず
踏み倒してきました、
ごめんなさいと
泣いて謝ってもダメなのよ。

マーリット皇太子妃は
ホーコン皇太子の何処がよくて
好きになったのかしら?

ノルウェーホーコン皇太子

経営難で身売り話まで出ている
大塚家具の女社長と似ているんだけど。

大塚家具

似ているように思うのは
あたしだけかしらね。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ