皇太子さまのお水のお仕事またキタ――(゚∀゚)――!!


水問題の皇太子

長年、水問題の研究に取り組んでいる皇太子さまが、「世界水の日」を記念したシンポジウムに参加されました。

22日午後、皇太子さまは東京・渋谷区の国連大学を訪れ、毎年3月22日に定められている「世界水の日」を記念したシンポジウムに参加されました。このシンポジウムは、安全な水をいかに多くの人々に届けるかをテーマに開かれたもので、専門家による講演やパネルディスカッションが行われました。

水問題皇太子

皇太子さまは水問題の研究をライフワークとしていて、22日の講演も熱心に聞き入り、盛んに拍手を送られていました。(22日21:36)

馬之助の感想

皇太子さまは熱心に水に取り組んでられるわね。確かに水問題は大切なことで、中国が日本の水を買い占めに来ているとか言われていて、安全な水を確保し続けることは大変なことよ。

日本は恵まれているけど、安全なん水のない国は未だに多くあるからシンポジュームを開くのはいいことだと思うけど・・・

天皇家の方たちはライフワークをそれぞれ持ってられて、常陸宮殿下はがん研究、昭和天皇、天皇陛下、秋篠宮殿下は生物研究など、それぞれ、研究をされているけど、いつごろから、皇族が研究やらをなさるようになったのかしら?

明治天皇、大正天皇、もっと遡って、みなさま、ライフワークをお持ちだったのかしら?趣味でなさるのはいいことね。やりたいことするのは楽しいからね。それに研究をしたら権威付けになるし、賢く見えるからね。でもあたしは、水問題などは政治家のやることであって、殿下はあまり介入されない方が賢明なのでは?と思ってうるゥ・・。皇族を利用しようとする人がたくさんいるからね・・・。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク