天皇陛下平成最後の種もみまき=皇居

天皇陛下は11日午後、皇居内にある生物学研究所脇の苗代で、恒例の稲の種もみまきをされた。陛下の在位中の稲作は、今回の作業が最後。

曇天の中、薄茶色のジャンパー姿の陛下は、ざるに入ったうるち米のニホンマサリともち米のマンゲツモチの種もみを丁寧にまいた。

皇居内の稲作は今後、新天皇となる皇太子さまに引き継がれる。今年育った苗の田植えや、稲刈りも皇太子さまが行う予定。




一昨年の種もみ巻き

昨年の種もみ巻き陛下「30回目のお手まき」米作り始まる

そして田植えになる。

一昨年の田植え天皇陛下 皇居で恒例の田植え

美智子皇后のご実家は日清製粉で麦を生業にされているけど、陛下の麦踏みが恒例になることはなく、よかったわ。

皇太子殿下は新天皇になったのちも、ご自身がすればいいことは廃止しないでなさるでしょう。雅子さまがしなくてはならないことはいくつか、廃止になるかも。

陛下から殿下へ引き継がれたお米つくりで、きっとおいしいお米が出来るでしょう~
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク