東京都や大阪府など11都府県に緊急事態宣言が再発令される中、天皇、皇后両陛下は今週、外出を控え、お住まいの赤坂御所で静かに過ごされた。



皇室ウイークリー

8日

「講書始(こうしょはじめ)の儀」と「歌会始の儀」の延期を発表。当初はそれぞれ12日と15日に行われる予定だったが新型コロナ感染拡大で延期を決定、新年行事という性格から、3月ごろまでの開催を目指し、感染状況を見極めている。

上皇、上皇后のご様子

★ご夫妻は元日の朝、お住まいの仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区)で、天皇陛下が宮内庁を通じて公表された新年のビデオメッセージについて報じるニュースを見守られた。

★日の出の時刻には仮御所の庭へ出て、木々の間から差し込む初日の出の光をご覧になった。

★陛下が年始の宮中祭祀(さいし)に臨まれている時間は、ご夫妻そろって仮御所で慎み深く過ごされた。

愛子様のご様子

★両陛下の長女、敬宮(としのみや)愛子さまが通われる学習院大学では、冬休み明けの8日からオンラインを中心とした授業が再開。宮内庁によると、愛子さまは学内の試験の準備などで忙しくされている。

★冬休み中の昨年末には、赤坂御用地内に植えられているユズとミカンを収穫し、職員に配られた。

愛子さまは幼少期からミカン狩りを楽しまれているという。平成17年12月に4歳の誕生日を迎えた際には、ご一家でミカンを収穫される様子を撮影した写真を宮内庁が公開している。

赤坂御用地でミカン狩りを楽しむ愛子さまと雅子さま

自宅の庭でミカン狩りが出来るなんて、すごい贅沢なことね。愛子さまはそれが当たり前だと思ってお育ちになっているのだから、平民の暮らしを知ったら、狭い部屋を見てびっくりなさることでしょう~ね。

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さま

★お茶の水女子大付属中学校が8日から3学期が始まった。

★宮内庁によると、悠仁さまは新年に当たり、「春飾り」と呼ばれる正月用の盆栽作りに取り組まれた。

★昨年末に2回ほど皇居へ通い、宮内庁職員に指導を受けながら、盆栽の根元にコケをはりつけたり、白い化粧砂を敷いたりされたという。

★就学前から毎年のように作業に携わられているといい、盆栽は今年も赤坂東邸(港区)の玄関に飾られた。

悠仁さまは、毎年松飾をお手伝いなさっているわね。

三笠宮彬子さま

日本ラグビーフットボール協会の名誉総裁を務める三笠宮家の彬子さまは11日、国立競技場(新宿区)で、ラグビーの全国大学選手権の決勝戦を観戦し、表彰式にも臨まれた。
出典:産経新聞

感想

新型コロナでご公務がほぼ壊滅状態で、天皇皇后雅子さまのご進講もオンラインもネタが尽きて、存在感がものすごく薄れてしまったわね。

2~3月頃には、日本でもワクチン接種が始まると思われるけど、宮内庁は天皇皇后、特に高齢の上皇、上皇后にワクチン接種を進めるかどうか。。見ものだと思っている。ヨーロッパンでは副作用で亡くなった人もいるし、あまり接種が進んでないからね。国民の70%が接種したのはイスラエルくらい。

イギリスではエリザベス女王が国民にワクチン接種を促すために、フリップ殿下と共に接種を受け、立派だと思った。日本ではどうなるでしょうかね。

まず、宮内庁職員や、国民が接種して、様子を見てからなさるのかしらね。

凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ






おすすめの記事