皇太子ご夫妻の長女で
学習院女子高等科2年の愛子さま(16)が、
今年7月下旬から8月上旬にかけて、
英国での夏季講習プログラムに参加する
準備をしている。
宮内庁関係者への取材でわかった。
実現すれば愛子さまが
単独で海外に滞在するのは初めてとなる。



学習院側が提供するプログラムで、
愛子さまは夏休み期間の
7月下旬から8月上旬にかけての約3週間、
英国に滞在する方向で
調整を進めているという。

現地では同級生らと寮生活を送り、
英国の名門、イートン校が提供する
語学研修や文化体験学習に参加するという。

愛子さまイギリス留学

愛子さまは4歳だった2006年、
皇太子ご夫妻に伴われて
オランダで静養したことがあるが、
単独で海外を訪問したことはない。
愛子さまは近年、
外国賓客が東宮御所を訪れた際に、
英語で懇談に加わることも
増えてきている。(中田絢子)
朝日新聞より

馬之助の感想

週刊女性誌などで
愛子さまが今年の夏、
イギリスに短期留学されると
書いてたけど
本当だったのね。
週刊誌もまんざらウソを
書いているんじゃないってことね。

以下週刊女性PRIMEより

実は、愛子さまに関する
「極秘計画」が水面下で
進行しているという。

愛子さま、高校2年生になって利用される
「海外研修プログラム」の留学先とは
週刊女性2017年11月21日号

’06年の4歳のとき、愛子さまは
雅子さまの海外療養に同行して
オランダを訪れたことがあるが、
来夏の留学が実現すれば、
初めておひとりで海外生活を送られることに。

学習院女子中・高等科に
用意されているプログラムは、
イギリスやオーストラリアなどの国が候補。
いったい、どの国を選ばれるのだろうか。

「留学先について、
ご夫妻は愛子さまの意思を
尊重するお考えです。
仲よしのお友達といろいろ
相談されているのではないでしょうか」(同前)

ただ、こんな見方も。

「明治時代以降、皇室の方々は
イギリスに留学することが慣例になっているので、
愛子さまもイギリスに
行かれるのではないでしょうか」

そう話すのは、
皇室を長年取材するジャーナリストで
文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。

「’12年のエリザベス女王在位60周年に、
両陛下も招待されて渡英されるなど、
現在の皇室とも親交が深いです。

皇太子さま(57)や雅子さまも
オックスフォード大学に留学された経験があるので、
普段もご両親から
当時のイギリスの話をお聞きになっていると思います」
(渡邉さん)
イギリスへ行かれる
プログラムを利用されるとすれば、
滞在先は
ロンドンの名門校『イートン・カレッジ』
になる可能性が濃厚
だという。

週刊女性2017年11月21日号、
週刊女性PRIMEより

週刊女性誌の取材通りだったわ。
ということは、
週刊誌が書いていることは
皇室周辺から取材をして
多少の誇張はあっても
全くの出鱈目ではない
ってことだわね。

皇族に生まれたら
高円宮のような末端宮家でも
留学させてもらえるんだから
やっぱり恵まれているわね。
しかも、何を勉強しに行くか・・
といったらこれといったものはなく
結局遊びに行くだけなんだろうけど。

愛子さまの場合
次の天皇の一人娘だから
警備がものすごいじゃない?

佳子さまはSPはそれほどつかず
好き勝手にしているようだけど
愛子さまの場合はそうは
いかないんでしょうね。

莫大な警備費が
かかるんじゃない?

7月下旬から8月上旬まで
イギリスで遊んできて
帰ってきたら
皇太子と雅子さまと共に
那須と葉山の御用邸に
御静養に行かないはずはなく
それで再来年には学習院大学に
フリーパスなんだから
甘くてゆるゆるの人生・・
超うらやまし・・・
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク