皇太子ご夫妻は12日夕、
2日間の県訪問の日程を終え、
秋田空港から帰京した。
宮内庁によると、
20年ぶりの来県となった雅子さまは
「秋田市は今回初めてで、大変うれしかった
と重ねて述べたという。



県によると、滞在初日の11日には
沿道や訪問先で計約5千人が出迎えた。

秋田県に到着して沿道の人たちに応える雅子さま

ご夫妻は同日夜、
「梅雨の合間のあつい日差しの中、
多くの県民のみなさんに温かく迎えて頂き、
感謝いたします」と感想を公表した。

12日午前は、皇太子さまが単独で、
秋田市の日本赤十字の秋田看護大学
秋田短期大学を訪問。

皇太子さま単独で看護大学を訪問

案内の日赤関係者から、
秋田県は若い世代の献血率が
全国平均よりも高いと聞き、
感心した様子だった。
朝日デジタルより

馬之助の感想

2日目の午前はホテルで体調を整え
午後からは第53回献血運動推進全国大会に
ご臨席されて・・・

皇太子さま,雅子さま献血大会にご臨席

秋篠宮気紀子妃殿下だったら
当たり前になさることではあるけど
ウツになってしまわれて
これだけのことでも
大変なことだったのかも
しれないわね・・・

雅子さまもご成婚後10年間ほどは
分刻みのスケジュール通りに
公務をされて来たんだけど
愛子さまが生まれてから
今までのおふるまいで
国民の感情としては
全て帳消し状態になってるからね・・

なぜこうなったか・・・を遡っていくと
なかなかご懐妊になれなかったことや
ついに世継ぎが生まれず
いずれ、弟宮夫婦に皇統が
移ってしまうことなど
無念からウツになったのでは・・
というか、これでょ、原因は。

そう状態になってみたり
ウツになったりを繰り返しているみたいで
岩手で津波の映像を繰り返し見たがった時は
そう状態だったのかも。

今回はウツ傾向だったのかも。

秋田県に到着して沿道の人たちに応える雅子さま

秋田に来てすぐの表情はこれ↑。

帰るときはこれ↓

秋田での日程を終えお帰りになる雅子さま

ほっとした様子が表情から
わかるわね。

大変うれしかった

という、雅子さまの感想は
正直な気持ちなんでしょ。

あたしは雅子さまを庇うつもりはないけど
今の世の中、ウツや躁鬱、
子どもの不登校に悩む親が増えていて
皇室にそういう人がいても
おかしくないわ。
国民の象徴なんだから
それでいいのよ。
でも、それを隠そうとして
適応障害とか新しい病名を作ってみたり
娘は天才で優秀だとマスコミがだけど
言ってみたり・・・
それがいけないわ。

天皇家は公人中の公人で
日本国民の象徴なんだから
躁鬱でも不登校でも公表して
同じ状態の人の励みになるように
したらいいのに・・・
と思うのだけど・・・
小和田の方々も雅子妃殿下も
プライドが高いし性格がきついから、
そうはできないわね。
そこが何ともむかつくのよ。

人間にはある程度のプライドは必要だけど
高すぎるってのは
自分で自分の首を絞めることになるわね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク

躁うつ病に挑む [ 加藤忠史 ]