キャサリン妃
現地時間4月23日午前11時、
キャサリン妃が
第3子となる男児を出産した
ロンドンのセント・メアリー病院の費用は、
驚くなかれ、113万円と推測されている。


★セント・メアリー病院は、
1845年設立の歴史を持つ
無料の国営医療サービスも行う
医療施設。

キャサリン妃が出産予定のセントメアリー病院

★キャサリン妃はもちろん
プライベート医療を利用しての
出産だった。

★キャサリン妃の滞在した“リンド棟”は、
5つ星ホテル並みの入院施設
と言われている。

・入院費はスタンダード・ルーム
1泊5900ポンド(約90万円)

デラックス・パッケージ
6275ポンド(約95万円)

★デラックス・パッケージには、
・「シャンパンを含むワインリスト」
・「お祝いのアフタヌーンティー」
・「産後の理学療法」などが含まれている。

★輸血や超音波検査、
臨時の投薬や陣痛促進剤の使用には、
別途費用がかかる。

★「サテライトTV、ラジオ、冷蔵庫、Wi-Fi」
なども完備。

ごく普通の設備に思えるが、
国営医療サービス利用者の病棟にはない設備。
一般の英国人にとっては特筆事項である。

★キャサリン妃は
最高額のスイート・ルームを使用したと
推測されている。
費用はおよそ7500ポンド(約113万円)

★キャサリン妃は
朝6時に病院入りし、11時にご出産。

夕方6時に赤ちゃんをお披露目して
すぐに退院。

病院に滞在した時間は
たった半日の日帰り出産だった。

★緊急事態に備えて来院しただけで、
専門医やお付きの看護師のいる
宮殿で過ごす方が、
キャサリン妃にとっては
何倍も快適なのだろう。
UK在住/シャオ
ニュースウォーカー

馬之助の感想

1泊113万円で驚くのは
あたしが平民の中でも特に
豊かでない下層平民だからね。

皇族、王族にとって
差額ベッド代金なんて
計算したことないでしょ。

日本の病院で個室に入ったら
1泊8000円から。
大体普通は1泊10000万円。

私立病院で12000円から。

公立病院はそこの市民でなかったら
割高になる。

だから日本では多くの人が
医療保険に入るんだけど
実際に入院したら
医療保険だけでは当然足りない
でしょうね。

病気で働けないわ、
医療費入院費用はかかるわで
踏んだり蹴ったり、

「マネーの切れ目が命の切れ目」

と、なるわけよ。

キャサリン妃が出産した病院の
113万円の費用は
相手が王族だから、
ぼったくられてるわね。

1本、100万円くらいのシャンパンが
出てくるんじゃない?
普通の出産で1泊113万円には
絶対にならないから。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク