愛子さま激ヤセ苦悩の皇太子

週刊文春3月9日号
皇太子殿下”孤独な抵抗”記事
遅くなったけど、
ざっくりまとめ~
週刊文春 2017年 3/9号 [雑誌]より


 

愛子さま劇ヤセ

記事の前半は愛子内親王殿下の
激ヤセについて。

皇太子57歳、雅子妃殿下、愛子内親王殿下

東宮大夫は愛子さまの
通常の登校を強調したが
以前、不規則登校は続いている。

愛子さまの不規則登校

●2月25日はマスクをつけた愛子さまが
登校されたのは11時頃。
学習院女子中・高等科の構内から
アルフィードに乗って帰られた。

●27日、28日はご欠席

雅子妃殿下の公務お取りやめも
愛子さまの健康問題が関係している

●雅子妃殿下アジア大会開会式欠席発表の
会見に際し、大夫は、
どこまで話していいのか
皇太子殿下に許しを頂き、
雅子さまのご意向も
確認する必要があり
会見に40分も遅刻してきた。

皇位継承者第1位の当事者としての受け止め方

秋篠宮殿下に昨年のお誕生日に
質問したら、

「陛下が長い間考えてこられたことを
きちんとした形で示すことが出来てよかった」

と、答えられたが

皇太子殿下は

「陛下のお考えを
真摯に重く受け止めます」
と話されるのに留められた。

象徴天皇の在り方

「天皇は存在自体が重要である」

「活動してこそ象徴天皇である」

という、今上陛下のお考えに対し
皇太子殿下は

「やはりいろいろと今後とも、
勉強しながら、象徴天皇の在り方、
というものを、今の陛下の例に倣いつつ
考えていきたい、
そういう答えでよろしいでしょうか」

と明言を避けられ、
関連質問になると
言い淀む箇所もあり声も小さかった。

秋篠宮殿下が
「私もそのお考えに
非常に同じような気持ちを持っています」

と、生前退位への旗幟鮮明にされたのと
対照的だった。

皇太子は被災地慰問に触れられ、
ご自身も雅子さまと共に
阪神・淡路大震災や
東日本大震災の被災地を
訪れたことを挙げられ、

戦国時代の後奈良天皇が
飢餓や疫病の流行に苦しむ
人々のために
般若心経を書写した歴史に触れられた。

現地に行かなくても
被災者の痛みに思いを寄せることが
重要だと、暗におっしゃっている。
災害があればすぐ飛んでいく
平成流とは別の道
現場には行く気がないことを
表明されたのかもしれないわ~

BY馬之助

皇太子独自の”象徴のかたち”

「水を切り口として
国民生活の安定、発展
豊かさや防災などに
考えを巡らせていくことが出来る」

話題転換が唐突で
記者は驚いたという。

水問題で人類を救いたいと思っている皇太子

殿下は
「水問題で人類の役に立ちたい」と
学習院OBオケ副団長に言ったらしい。

行動する象徴天皇のかたちについて、
今上陛下と皇太子の間には
温度差がある。

馬之助の感想

生前退位の方向性について
秋篠宮殿下はわかってくれていると
陛下はおっしゃったそうだけど
・・・・・・
皇太子は被災地にすぐ出向きたくても
雅子妃殿下がついて来てくれないから
仕方なく、
御所の中で被災者、かわいそうと
思いながら、般若心経を書写されるの?

水を切り口にしてって、
切り口なんて言葉、皇太子殿下が
ご存じだったとは!

「水問題で人類の役に立ちたい」と
皇太子が思っても
実際、皇太子に何が出来るの?
それは政治家のやることなのよ。
雅子さまの影響が大きいわね、

小和田雅子と結婚して
皇太子はあほになったのか
元々あほなのか・・・

阪神淡路大震災や
東日本大震災の時に
ちゃんと雅子と行きましたよ!
ということはおっしゃって、
実に見苦しい会見だわね。

もし、雅子さんと結婚せず、
他の女性と結婚して
まともな子供が生まれていたら

平成流を踏襲しながら
活発にご活動されて
いたかもしれないから、
気の毒といえば気の毒なんだけど。

秋篠宮殿下が生物学をされていて
それに対しての対抗心で
水、水、とおっしゃっているけど
皇太子殿下の水研究では
人類は救えないわよ。

雅子妃殿下はついて来てくれないなら
皇太子おひとりで
どこにでも行かれたらいいじゃないの~?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ

ひとりぼっちを笑うな [ 蛭子能収 ]