佳子さま第66回産経児童出版文化賞贈賞式に出席その2

秋篠宮家の次女佳子さまは3日、東京都港区の明治記念館で、第66回産経児童出版文化賞の贈賞式に臨み、「素晴らしい作品が今後もより多く発表され、幅広く読まれて、子どもたちの心に残ることを願います」とあいさつされた。


大賞は、東日本大震災に伴う原発事故後の福島県飯舘村の様子を記録した写真絵本「それでも『ふるさと』」が選ばれた。佳子さまは式典で「震災当時を知らない子どもたちにも、深い印象を残すことと思います」と感想を述べた。式典は、秋篠宮妃紀子さまが前回まで出席していたが、代替わりに伴う公務分担の見直しで、佳子さまが出席した。

馬之助の感想

佳子さまは、眞子さまの結婚延期問題についての宮内記者会の質問に、

「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」

と、回答されてから、小室圭問題で秋篠宮家に批判の火の粉が降りかかっているところに、油を投下、爆発したって感じになって、秋篠宮家への批判がますますひどくなり、親子断絶なんて言われていたけど、紀子さまも眞子さまも佳子さまも、失語症になるでもなく、適応障害になるでもなく、粛々と工務をこなしておられて、すごい!とあたしは思う~。

佳子さまは、宮内記者会の質問に対する答えはキツイ感じだったのに、かわいい顔して出てこられたら、わけがわからなくなってしまうわね。

9月中旬から下旬にかけては、日本との外交関係樹立150周年を迎えるオーストリアとハンガリーを公式訪問されるし、雅子さまの過剰なアゲアゲ風潮の陰で、しっかりやるべきこととやってられるわね。

ただ、小室圭との結婚は絶対にダメよ。それから悠仁親王の東大横滑り入学もダメよ。ますます秋篠宮家への批判が膨らみ、それが愛子天皇押しに繋がり、そして最終的には女系天皇になるのよ。

女性宮家や女系天皇を押している人は皇室伝統の破壊が目的の確信犯か、女性天皇と女系天皇の区別のつかないアホのどちらかなのよ。

佳子さまも、皇室の伝統の大切さ、2000年以上の重みをちゃんと勉強して頂戴。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク