天皇陛下 皇居で種もみまき

天皇陛下は、14日、
皇居の中にある苗代に
稲の種もみをまかれました。

これは、毎年春、
その年の豊作を願って行われている行事で、
天皇陛下は、14日午後、
ジャンパー姿で皇居の中にある
苗代に入られました。

そして、去年の秋に皇居で収穫された
うるち米の「ニホンマサリ」と
もち米の「マンゲツモチ」の2種類の種もみを
まかれました。

14日は快晴で穏やかな天気となり、
天皇陛下は苗代にしゃがんで
縄で仕切られた30センチ四方の区画ごとに
それぞれ180粒ほどを丁寧にまかれていました。

きょうまかれた種もみの苗を使って
来月には田植えが行われ、
秋に収穫されるコメは
11月に皇居で行われる新嘗祭(にいなめさい)などで
使われることになっています。
NHKニュースより


馬之助の感想

今日14日は快晴で、
絶好の種もみまき日和だったかも。

陛下は種もみまきの儀式をされるだけで
当然職員がお世話して
コメにまで育てるんだけど
それでも陛下が種をまかれることに
値打ちがあるのよ。

同じ饅頭でも寺のお供えのおさがりは
有難いものだものね。

だれがまいても同じコメ

と思ってしまったら
伝統が壊れるわ。

陛下が種もみまきをして下さり
それを新嘗祭で使う。

それが大切なことなのよね。

もう数年で皇太子がまいた種でできた
コメを新嘗祭に使うと思うと・・・
いやいや、
同じコメ・・・と思うことにするわ。
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ

のぼり旗 新嘗祭 YN-1284(受注生産)