天皇皇后両陛下が年の初めに
さまざまな分野の研究者から講義を受けられる
「講書始」が11日に皇居で行われた。

 

「講書始」

「講書始」は、午前10時半から

皇居宮殿の「松の間」で行われ、

両陛下は、皇族方や学術関係者などとともに

3人の研究者から講義を受けられた。

2017講書始

東京大学の塩川徹也名誉教授

「人間は考える葦(あし)である」という言葉で知られる

フランスの思想家パスカルについて講義

早稲田大学の毛里和子名誉教授

20世紀初頭以降の「当代中国」に関する、

日本でのこれまでの研究や特徴   

東京大学の榊佳之名誉教授

ヒトの遺伝情報、ヒトゲノムの解読の歴史

等についてそれぞれ講義。

例年通り雅子さまはご欠席

講書始の儀

ご出席なさったのは

天皇皇后、皇太子、

秋篠宮殿下、紀子妃殿下

眞子さま

常陸宮殿下、華子妃殿下。

三笠宮ご一族は

三笠宮崇仁親王殿下が薨去され、

喪中なのでみなさま、ご欠席。

次期皇后となられる

雅子さまは例年通りご欠席。

三笠宮信子さま、彬子さま、瑤子さま、

高円宮久子さま、承子さま、絢子さまは

来年はご出席されるでしょう・・・。

罪深いのは雅子さま~~~

園遊会や昼食会は

人と会って会話をするのが苦手だから~

を、欠席の理由にしているけど

講書始はじっと、専門家の話に

耳を傾けるだけで

会話も必要ないのよね~

国連大学の講義にはご出席

お出来になるのに、なんで、

講書始の講義はご欠席なのか・・・

じっとしているのが苦手だから?

とも考えられるけど

国連大学の講義だって、

講義中はじっとしていなくては

いけないんでしょ?

それとも、途中、トイレ休憩がないとか?

でも、1時間程度の講義だから

我慢できるでしょ~よ。不思議だわ。

御代が変わってから、

講書始は皇太子だけが真ん中に座って

講義を受けられるのかしら?

やっぱり皇太子はご立派だわ。

わけがわからなくても姿勢を崩さず、

1時間座ってられるんだから。

にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ