24日午後、天皇陛下の即位30年を祝う記念式典が行われる。式典に先立って、天皇皇后両陛下は皇居で皇族方のお祝いを受けられた。日テレニュースより


皇居の宮殿では24日午前、天皇陛下の即位30年を祝い、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻らが出席されて祝賀行事が行われた。まず、皇太子ご夫妻が両陛下の前に出て、「ご即位30年心からお祝い申し上げます」と述べると、陛下は「どうもありがとう」とこたえられた。

即位30年の天皇皇后に挨拶する皇太子と雅子さま

馬之助

雅子さまは、平成の半分以上を公務を休んでられて、しかしご静養は皆勤賞で楽しんで、その上小室圭の出現で、評価がうなぎのぼりになっているというのだから、昼寝していて勝った、不戦勝ね。紀子さまはお気の毒。可哀そう。


その後、秋篠宮ご夫妻や皇族方がそれぞれお祝いを述べられた。

天皇陛下即位三〇年秋篠宮殿下紀子さまからご挨拶

天皇在位30周年眞子さま佳子さまが御挨拶

眞子さま佳子さまご挨拶天皇在位30周年

一方、皇居内にある宮内庁の庁舎前では、24日午前9時半から午後4時までお祝いの記帳を受け付けていて、多くの人が訪れている。午後2時から国立劇場で天皇陛下の即位30年を祝う記念式典が行われる。

馬之助の感想

今上陛下ご在位30年間は大きな災害の連続だったわね。

平成5年(1993)釧路沖地震、北海道南西沖地震
平成6年(1994)北海道東方沖地震、三陸はるか沖地震
平成7年(1995)阪神淡路大震災
平成12年(2000)三宅島噴火、鳥取県西部地震
平成13年(2001)芸予地震
平成15年(2003)十勝沖地震
平成16年(2004)新潟県中越地震
平成15年(2005)福岡県西方沖地震
平成17年(2007)能登半島地震、新潟県中越沖地震
平成20年(2008)茨城県沖地震、岩手・宮城内陸地震、岩手県沿岸北部地震
平成21年(2009)駿河湾地震
平成23年(2011)東井本大震災、長野県北部地震
平成28年(2016)熊本地震
平成30年(2018)大阪府北部地震、北海道胆振東部地震

出展:http://kifuru.org/social-issues/heisei-disaster/#outline__1_3

地震だけでもざっとこれだけあるのよ。それ以外にも、平成3年(1991)雲仙普賢岳噴火に始まり、毎年のように巨大台風が来て、豪雨で、大切な家族、家を失い、猛暑で、作物が実らず、苦しんだ人たちがたくさんいるわ。災害被災地では、未だに復興出来ない人たちがたくさんいるのよね。

両陛下は被災者に寄り添い、慰問することをライフワークとされたけど、もし、この平成が全く災害のない時代だったら、なにをなさったのかしら?暇だったと思うわよ~
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク