宮城県東松島市で美智子皇后陛下の歌碑除幕式

皇后さまが震災の被災地について詠まれた歌が刻まれた歌碑が宮城県東松島市に建立されお披露目されました。



東松島市の旧野蒜駅そばの復興祈念公園内に建てられた「皇后陛下御歌碑」。皇后さまが御所の庭で摘んでいた植物のノビルと、被災した野蒜地区への思いを重ね合わせて詠まれた歌が刻まれています。除幕式には関係者およそ150人が集まり歌碑の完成を祝いました。訪れた人たちは歌碑を見ながら被災地への思いを新たにしている様子でした。TBC東北放送より

馬之助の感想

明日3月11日は東日本大震災8年目の日だわ。

皇后さまが詠まれた歌を刻む歌碑建立プロジェクトで思うこと。

↑で、賛助金を募るならそのお金で、住宅ローンが二重になったり、地元に戻れないので酪農、農業が出来なくなり、生活費すら困っている被災者に寄付してあげてほしいと書いたけど、今後も次々と恐ろしい災害が起こり、東日本大震災の悲惨さが風化していくかもしれない・・。だから皇后陛下の歌碑が建立されるほどの怖ろしい災害だったってことを後世に残すことが出来たのだから、いいことだったと…思う・・。

伊達参院議長が陛下の即位30年祝う賀詞 複数回読み間違え

伊達参議院議長は8日の本会議で天皇陛下の即位30年を祝う賀詞を読み上げる際、何度も読み間違えたんですってね。陛下がお言葉でおことばを読み違えられた時に、会場1階の中央後方席あたりから『ははは』という男性の笑い声が聞こえたそうだけど、伊達参議院議長を笑う人はいなかったの?

読み間違いを指摘され、その場で言い直した部分もあったが、「安寧を祈り」とするところを「アンネンを祈り」と誤読した部分は修正しないままでしたって。

安寧=あんねい

これはボケているというより、安寧をアンネンとずっと思い込んでいたってことでしょ。単なる教養不足ってことよ。あたしがこどもの頃、台風一過(たいふういっか)を台風一家と思い込んでいたことより、マシなんだけど・・・。

台風ってものすごい風だから、台風の家族が総出でやって来るのかと思ってたっていいでしょ?子供だったんだから。

伊達参議院議長は天皇陛下の即位30年を祝う賀詞なのに、読む練習をしなかったのかしら?賀詞を読み上げる前の手続きの手順も間違って隣の席に座る事務総長から指摘を受ける場面もあったというのだから、陛下を笑うのであれば、伊達参議院議長のことも笑ってやらなきゃ。

伊達参議院議長は80歳。

引退なさいませよ。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク