上皇后白内障の手術

16日午前、上皇后さまは、白内障の手術を受けるため都内の病院を訪問された。宮内庁によると、上皇后さまは数年前から物が見えにくくなる症状があり、目の中の「水晶体」が白く濁る病気、白内障と診断されていた。

この1,2年で症状が進んでいたものの、上皇さまの退位前は日程を確保することが難しく、先週の京都訪問で退位に伴う儀式がすべて終了したのを受けて、16日の手術となった。

上皇后さまは、手術前処置に続き、午後、右目の手術を無事終えられたが、医師は「もう少し遅れれば難しい手術になった」と話していたという。

馬之助

医者っていっつもこんな言い方するわね~


午後4時半すぎ、皇居に戻り、23日には左目の手術を受けられる予定。

馬之助の感想

日曜日だけど、医者が出勤してきて、手術をしてくれたのね~。来週、もう片方の目も手術して、目が慣れてきて、よく見えるようになったら、引っ越しの作業をしなくちゃね~。

毎朝、新天皇が皇居に通勤されるから、その都度、交通規制しなきゃならないし、秋篠宮家は本当なら、東宮御所に住む方たちなのよ。しかしバリアフリーのリフォームがすんだら、上皇上皇后が東宮御所にお入りになるので、仕方なく、狭い秋新宮家は職員の控え所を建てるしかないので建設したら、金がかかるとか、文句ばっかり一部のネット民に騒がれて、本当にお気の毒なんだわ。

東宮御所に住む時が来たら、同じ赤坂御用地内の紀子さまは時間があれば、上皇上皇后さまに会いに、来てくださると思うわよ。手術をしてよ~く見えるようになった目で、紀子さまがどれほど優しく賢い嫁であるかを確認できるわね。
凡才!馬之助どうぶつ園
馬之助の災い転じて福となす・・・か?
にほんブログ村 日々の気になること
人気ブログランキングへ
楽天リンク